人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ガネーシュ日記

ganesh1992.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

ビリヤニが食べたい!

あれから半年・・・

あのオイスタービリヤニから、もう半年が経ちました。

牡蠣のビリヤニが食べたいんですけど・・・
そんなお問い合わせが、夏になっても途絶えません。

残念ですが牡蠣は季節ものですので、
オイスターマサラも、オイスタービリヤニも冬限定のメニューです。



豪華なメニュー

それでもやっぱりビリヤニが食べたい!

ビリヤニは、
インドの豪華なメニューのひとつで、おもてなし料理の一つでもあります。


いくつか作り方がありますが、ガネーシュでは

炊いたライスとカレーを、鍋の中で何層にも重ね、炊き上げることで
素材の風味と、スパイスの香りをお米に染み込ませます。



愚直に作る

もう少し細かく説明すると、
まずは注文が入ってから、カレーを作ります。

その後、炊いておいたバスマティライス(インド米)とカレー、
ギー(インドの精製バター)、コリアンダーなどを重ね合わせて、
南部鉄器の鉄鍋で炊き上げます。



実は、ビリヤニを大量に作っておいて、注文が入ると温めて、お皿に取り分ける・・・
そのほうが圧倒的に簡単です。

でも、そんなことはしません。

素材の食感、香り、そしてスパイスの風味を生かすために、そのつど、カレーを作り、ビリヤニを完成させます。

愚直といえば愚直です。

それでも、
ガネーシュの料理に対する基本的な考え方、
「インド料理のテクニックとスピリッツと大切にしながら、
どうしたらより香り高く、より美味しいインド料理が作れるかを考える」

これを考えると、
注文ごとにカレーを作りたい、私はそう思います。



シュリンプ・ビリヤニ始まります!
ビリヤニが食べたい!_e0145685_727489.jpg


そして、今回の季節メニューは「シュリンプ・ビリヤニ」


もちろん注文が入ってから、カレーを作り、ライスと重ね合わせ、南部鉄器の鉄鍋で炊き上げます。
(作り上げた後、お皿に盛り付けて、ご提供させて頂きます。)


今回はよりスパイシーに、よりエビの香りを生かすために、ギーは使いません。
はっきりと輪郭のあるスパイスとエビの香り。

マスタードシードをはじめ、カルダモン、シナモン、クローブなどと共に
トマトベースのスパイシーなカレーを作り、ライス、コリアンダーを重ね作り上げます。

ご注文を頂いてから作るので、エビが小さく、硬くならずにお召し上がりいただけます。


エビの香りと旨みが凝縮され、
複雑なスパイスの香りをまとったライスは、とても美味しく、
あっという間に平らげてしまいそうなビリヤニです。



期間限定

シュリンプビリヤニ 1850円
9/2(月)~10/15(火)まで(土日祝日もOK)、ディナータイム限定


できるだけご予約をお願いいたします。

ご予約なしでもご注文いただけますが、
とてもお時間がかかるか、
混雑時には、お断りさせて頂くこともございます。
できるだけご予約いただきますようお願いいたします。


ご予約
045-306-7796



神奈川新聞に掲載
本日9/1(日)発売の神奈川新聞、連載中の「おうちでアジア」に「シーフードビリヤニ」が掲載されています。
ご家庭で作りやすいようにアレンジした、中華鍋ひとつでできるレシピをご用意いたしました。
10月にはワークショップも行う予定です。

ブログ「ガネーシュ店主の日記」にも「ビリヤニ」について紹介する予定です。
http://ektis.exblog.jp/









(yasu)

スタッフ募集中
お客様の「おいしかった!」の声

ガネーシュ店主ブログ
新・営業時間
☆通信販売大好評!→GANESH通信販売

本当においしいカレーと南インド料理を求めて
GANESHへGO! (能見台@横浜)


スパイスで健康に

by ganeshblog | 2013-09-01 09:25 | ◆メニュー


<< お腹すいたな!      アイスミールス最終日 >>